*

金柑酒のレシピ!1月〜3月が旬!果実酒の最高峰!

      2016/10/26

キンカン酒

金柑(キンカン)で果実酒!

キンカンは、ビタミンCが豊富で、

子供の頃は風邪をひくとキンカンを食べさされていました。

言うまでもありませんが、

疲労回復、風邪予防、肌荒れには、とってもいいです。

柑橘系の果物で皮ごと食べるのはキンカンぐらいで、

それが珍しくもありました。

ちょうど今頃はスーパーでよく見かけますね。

1月〜3月頃が旬です。

このキンカンで初めてキンカン酒を作ったのは

ちょうど1年前のことでした。

そして、作ってみてとにかく驚きました!

我が家では、梅酒やレモン酒は毎年作っていましたので、

要領はわかっていましたが、

3~4ヶ月ほど経って恐る恐る様子を見たところ、

既に美味しくできていたのです。

オタマで瓶の中をかき回すと、

異常なぐらいドロッとしていて、

キンカンの芳香に襲われました。

その後、味見をしてみましたが、

味見する前から確信していたとおりの絶品でした。

これまで、梅、レモン、甘夏、リンゴ、パイナップルなど

いろんな果実酒を作ってきましたが、

これ以上美味しい果実酒はありません。

もちろん、今年も作りました。

前置きが長くなってしまいましたが、

それではキンカン酒のレシピをご紹介します。

キンカン酒

キンカン酒

【材料】
キンカン 1kg
氷砂糖 300〜400g
ホワイトリカー 1.8リットル

Sponsored Links

【作り方】
1.ビンを熱湯消毒する
・4リットルビンを用意し、熱湯で消毒する。
・よく水気をとって乾かす。

2.キンカンを洗う
・キンカンを水洗いしてから水気を拭き取る。
*農薬等が心配な場合は、熱いお湯に数秒浸して、
消毒すると良いでしょう。

キンカン

3.キンカンの下処理
・爪楊枝でキンカンのヘタをとる。
・包丁で4ヶ所程度切れ目を入れる。

4.キンカン酒を作る
・ビンに、キンカン、氷砂糖の順番で入れ、
ホワイトリカーを上から注ぎ入れる。
・中蓋、外蓋をしっかり閉める。
・冷暗所に置く。

以上です。

3〜4ヶ月程度で充分美味しく飲めるようになります。
6ヶ月経ったら、キンカンはとりだしてください。
取り出したキンカンは、そのまま食べても美味しいですし、
お湯に入れて飲んでも美味しいです。

Sponsored Links

この料理にオススメの食材紹介!

美味しい果実酒には、安全で上質の果実が欠かせません。皮のままアルコールに漬けるので、我が家では国産の果実にこだわって取り寄せています!

オイシックスで産直野菜のお取り寄せ!

オイシックスは、食材の宅配サービスの会社です。宅配サービスというと、生協やパルシステム等をイメージするかもしれませんが、決定的に違うところは、①安心・安全、②新鮮、③美味しい という点に徹底的にこだわっていることです。農薬を使わないことや放射能検査などは徹底しており、注文してから収穫した野菜を送ってくれるので鮮度もバッチリです。そして、生産者の顔や名前も判り、生産者のこだわりと美味しい食べ方のアドバイスまで教えてくれる徹底ぶりです。このキンカン酒には、安全で美味しい上質の国産「金柑」を使ってください。オイシックスはオススメです。
↓↓↓
産直

また、オイシックスを始めて利用する方にピッタリの「お試しセット」もあります。
中身はお任せ食材の詰め合わせになりますが、とってもお得感があります。
↓↓↓
有機野菜

 - お酒 , , , , ,